京都で医学部を目指す学生なら一度は聞いたことがあると言われる名門予備校が京都医塾です。

京都大学をはじめとした国立大学の合格に確かな実績を持つ京都医塾ですが、実際の体験者の口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。

また、京都医塾の公式サイトには、コースについての記述がありませんが、これについても実際のところを調べました。

この記事の口コミはすべて出典を記しております。
さっそくですが、まずは口コミ・評価をご紹介していきます。まず合格者インタビューから。

実際の合格者のインタビューから、学校の評価・講師の評価について気になる部分を集めてみました。

京都大学 医学部医学科合格

「京都医塾生徒と講師の距離が近く、いつでも気軽に相談できます。模試で偏差値40台の時もありましたが、志望校を変えることなく学習を続け、最終的に国語は得意科目と言えるようになり、本番では幸先のよいスタートを切ることができました。これは支えてくれた先生方のおかげだと思います。」

出典:京都医塾 合格者インタビュー

川崎医科大学 医学部医学科合格

「京都医塾の先生は何を聞いてもわかるまでいろいろな説明をしてくれました。授業でも生徒に合わせてプリントを作ってくれるので、自分のできていないところが確認でき、効率的に弱点が補強されました。京都医塾で学び、勉強の質・量が100倍になったと感じています」

出典:京都医塾 合格者インタビュー

金沢医科大学 医学部医学科合格

パンフレットに載っているたくさんの先生が実際に常駐しており、皆、知識の量が半端でなく、尊敬できる人でした。覚えるべきところをしっかりと明示し、知識だけでなく詳しい背景も説明してくれて学問への興味が深まりました。

出典:京都医塾 合格者インタビュー

京都府立医科大学 医学部医学科合格

「苦手科目では偏差値50を切ることもありました。~京都医塾では1対1の個人授業で、まず基礎部分の穴を徹底的に埋めた上で、苦手な分野を重点的に指導していただき、焦らず着実なペースで学習の土台を作るカリキュラムを組んでもらいました」

出典:京都医塾 合格者インタビュー

岐阜大学 医学部医学科合格

「不合格通知が来るたびに精神的に追い詰められていきましたが、その度に担当の先生や、整体の先生にカウンセリングしてもらい、とにかく最後まであきらめず実力を伸ばす指導をしていただきました。そして国立の試験当日は前向きに試験を受けることができ、その結果、国立の合格を勝ち取ることが出来ました」

出典:京都医塾 合格者インタビュー

愛知医科大学 医学部医学科

「生徒全員が医学部志望で、高いレベルの中で切磋琢磨することも医学部合格に繋がったと思います。小論文、面接対策も早い時期から行っていただいていたので、一次試験合格後も焦ることなく、自信をもって二次試験に臨み、合格することができました」

出典:京都医塾 合格者インタビュー

神戸大学 医学部医学科 合格

「模擬試験の度に、出来なかった科目が悔しくて講師室の先生の隣で、泣きながらお菓子を食べるのが私の日常でした。先生方が私の不安な心に寄り添い、励ましてくださったことは、今となれば良い思い出です。苦手科目に関しては、いたずらにそれだけを学習するのではなく、あくまでも全教科の総合点で合格を勝ち取る作戦を先生と一緒に立てました」

出典:京都医塾 合格者インタビュー

関西医科大学 医学部医学科

「4年間の浪人生活で負けに慣れてしまっていましたが、京都医塾での1年で払拭され、様々な問題に対応できている自分に自信を持てるようになりました。受験校8校全て、合格することができました。」

出典:京都医塾 合格者インタビュー

4年間、自力で医学部受験して失敗し、京都医塾に入って1年間勉強したら8校受かったということですね。

次に、GoogleMapの京都医塾の口コミを見てみましょう。GoogleMapの口コミは、関係者ではない赤の他人でも書き込みできるため、何の根拠も信憑性もないものがあったりもします。
ですが、中には本物と思える熱量のものもあったため、ご紹介させていただきます。

面接に行きました。悪い印象は受けなかったが、中学、高校、大学で情熱をかけたものは何かと聞かれた。自分には痛い質問だった。熱い会社だと思った

講師の面接ということでしょうか。学生だとしたら「会社」という言葉は使わないはずです(単に日本語能力が残念なだけの人もいますが)。講師の面接の話だとしたら、京都医塾の講師の熱量の高さがうかがえます。

言葉になりません。是非、行って体験しなければ本当の良さは伝わりません。それほど、素晴らしいです!

医学部合格者の方でしょうか。

先生方の合格させるんだという意気込みが感じられる予備校です。

姉妹校・TOPS京都円町校のGoogleMap口コミ

円町周辺の学習塾では古くから続いていると思います。難関校から地元の学校まで幅広く対応してくれます。

担当してくれてる先生がかっこいい

現在形で書き込むとは、よほど熱を上げているのでしょう。

公式Twitterでも最新情報を公開中!

また、京都医塾では公式Twitterでも積極的に最新情報を公開しています。
特に今は受験シーズンなので、各大学医学部の合格速報などを随時公開したり、直接批判的なコメントをした人に対してもしっかり回答していますので、こちらもあわせてチェックしてほしいと思います。

それでは、ここからは京都医塾で受講する際の気になるコースの説明です。

京都医塾は、高卒生(=浪人生)専門の予備校です。

一度受験に失敗し、悔しい思いをした学生がリベンジを期して1年間フルタイムで勉強する場所が京都医塾です。

一方、現役合格を目指す高校生向けのコースがあるのが、四条烏丸エリアにある京都医塾の姉妹校、「京都TOPS」です。

ちなみに、京都TOPSの「医学部・京大コース」では、高校1年生もしくはそれ以前から入学して、高校2年になった時点で高校の学習過程がすべて終わっているようにカリキュラムが組まれています。

厳しいように聞こえますが、医学部現役合格を目指すとは、そういうことなのでしょう。

さらに京都医塾は下記の通り今年2021年も多くの合格者が出ています。

国公立大学医学部(最終合格)

京都府立医科大学   4名  滋賀医科大学    1名
東北大学         1名  福井大学       1名
熊本大学         1名  岐阜大学       1名
三重大学         1名

私立大学医学部(最終合格)

大阪医科薬科大学   5名  関西医科大学      5名
近畿大学       5名  兵庫医科大学      7名
金沢医科大学      14名  川崎医科大学      12名
埼玉医科大学     3名  愛知医科大学     5名
岩手医科大学       4名  帝京大学       3名
獨協医科大学     3名  福岡大学        4名
杏林大学         3名  聖マリアンナ医科大学   3名
藤田医科大学       3名  久留米大学      2名
日本大学            4名  東京医科大学       2名
東京女子医科大学     2名  北里大学       1名
東京慈恵会医科大学  1名  自治医科大学        1名
防衛医科大学校       1名

では最後に、京都医塾の本質ともいえる壮絶な部分をぜひ知っていただきたく、ご紹介させていただきます。

京都医塾には、入学条件も入学試験もありません。全入です。

つまり、偏差値の低い生徒、医師の二世というだけで、学問に打ち込んできたわけではない生徒も実際問題存在するわけです。

こうした営業方法は「金目当て」と思われがちですが、京都医塾にはそれは当てはまりません。

一流の塾では、毎年合格実績を開示しなければならないし、また、合格実績の開示が信頼を作るので、偏差値の低い学生の流入で、この合格実績が下がることは予備校としての死を意味します。

ですから、入学試験を設けないということは、言葉は悪いのですが、「どんなにひどい生徒でも賢くする」覚悟と能力がなければ成立しないことになります。これを毎年続けているのが京都医塾です。

「まず、生徒の「状態」を正しく把握しないことには、ベストなカリキュラムをプランニングできません。最短合格を実現するためにも、入塾の際に面談を実施して生徒が小中高とこれまでどんな学習をしてきたのか、過去の成績などを詳しくお聞きしながら、その会話を通じて生徒の性格なども同時に分析していきます。
さらには、アチーブメントテストと呼ばれるもので学習到達度を測る。これは中学レベルから入試レベルの問題まで出題し、生徒の現時点での学習レベルを測定するもので、これを5段階で評価する。その上で、各教科の体験授業をしていただきます。体験授業を通じて、「どんな誤解が生じているのか?今までどのように勉強をしてきたのか?丸暗記になっていないか?理屈がないと覚えられない子なのか?」など様々な角度から、これまでもかというくらい分析を重ねていきます。
これらを踏まえて、合格までの距離を予測し、最後にもう一度面談を実施し、「こういうステップでこういう勉強をすべきですよ。」と報告をします。それに対して、生徒本人と親御さんが十分に納得していただいて、はじめて入塾が決まります。」
清家二郎 塾長
出典:medical-tribune

京都医塾に入学を希望する学生のご両親(または父親)は、大抵の場合医師である場合が多いといいます。

例えば父親が医師で母親が専業主婦の家庭の場合、子供が受験に失敗したことを気にしながらも、父親は勉強を見てあげる時間もなく、母親の教育が悪いと喧嘩になって夫婦仲が悪くなるというケースはとても多いそうです。

こうしたケースを踏まえ、京都医塾では、入学前に必ず両親同伴の下で入学面談を行うといいます。

清家二郎 塾長によると、医学部の偏差値は、現在の学生の親の世代である約30年前と比べて飛躍的に上がり続けているということです。

30年ほど前の私立医大は偏差値50ぐらいのところもまだあったのに対し、現在では、偏差値65以下で入れる医学部は日本のどこにもないといいます。

清家二郎 塾長は、こうしたことを理解せず、子や妻を責めるような医師に警鐘を鳴らしています。

「やはり難易度の高い医学部受験では、生徒のストレスも大きい。気持ちが安定した状態で受験勉強に励むことができなければ合格は難しい。どうしても子どもの勉強が気になってしまったり、焦ってしまい、「大丈夫なの?合格できそうなの?」と聞いてしまう。そうすると、どうしても心が揺れてしまい、気持ちを安定させることが難しくなる。まずは、保護者が安定しないと受からない。『頑張ってるね!』という声かけ、食事と睡眠が取れる環境を作ってあげる。それ以外は、信頼できる予備校に任せるのが良い。」清家二郎 塾長
出典:medical-tribune

京都医塾に入学する生徒は、医師の子息として生まれ、苦労をしたことがなく、覇気がないような子が多いのだそうです。

そうした子が、1年間勉強漬けの環境に入ることで、時に逃げ出す子もいるといいます。ある大企業の御曹司が蒸発した時は、講師総出で京都中のホテルを探して見つけ、教え諭して連れ帰ったのだそうです。その子はブラックカードの家族カードで高級ホテルに泊まっていたそうです。

京都医塾では、学習面では勉強漬けの毎日であっても、こうした子たちを指導するのに、精神面ではむしろスパルタとは真逆で、細心の注意を払って接しています。

「個別授業でどんな言い方をするとその子が傷つくかといった、ちょっとしたことも別の講師と共有するようにしています。また、生活面では生徒一人につき担任が2人、女生徒だった場合はさらに2名の女性担任をつけています。彼らは本人とカウンセリングをし、学力だけでなく、生活習慣、健康管理、学習意欲といったメンタルも細かく聞き取ります。さらに親御さんに連絡を入れて、親御さんの精神状態にも気を配っています」 清家二郎塾長
出典:現代ビジネス

むしろ講師の精神状態が心配になるほどのきめ細やかな対応です。

また、京都医塾では、入学前の段階で、生徒の実力化から考えて、1年での合格が難しいという子には、はっきりと「何年かかるか」を伝えるといいます。
「医学部は無理」ではなく、「何年かかるか」を非常に現実的に、明確に言ってくれるのが素晴らしいと思います。

「入試は正しく分かっている人と分かっていない人の線引きをするもの。だからこそ、基礎をしっかりと固め、本質的に理解することが大事。もう一つは、言われたことを素直に受け入れて勉強に励むことができるか。特に自力で偏差値を60前後まで伸ばした生徒は、自分なりのちょっとした成功体験に固執してしまうことがある。このケースは、最終的にほぼ伸び悩む。自分のやり方を捨て、素直に言われた通りのやり方に変えることができるか。ここが勝負の分かれ目です。」 清家二郎 塾長
出典:medical-tribune

このような試練を経て、質実剛健の中身のある医学生になり、そうして医師になってくれた方が、いずれ患者となるであろう私たちも安心できます。

先ほどふれた、「塾から逃げ出してブラックカードで高級ホテルに泊まっていた御曹司」は、その後京都医塾での勉強に打ち込み、1年で医学部に合格したといいます。

合格の報に彼の母親は大泣きし、父親は安堵の表情をみせて感謝の言葉を述べたということです。

最後に、京都医塾の信念と「生の声」を紹介させていただきました。
また、先日、清家塾長が福岡のテレビ番組に出演されて、自ら京都医塾の事についてインタビューに答えている分がYoutube動画に上がっていますので、こちらもぜひご覧ください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。