• ホーム
  • 性器クラミジアの感染原因と症状

性器クラミジアの感染原因と症状

クラミジア感染症は性感染症の原因の半数以上を占め、さらに国内における潜在的な感染者が100万人を超えるといわれるほど蔓延した性病です。
感染時、無症状の場合や症状があっても軽微なことが多いため見逃されやすく、そのことが感染拡大を招く大きな要因になっています。

クラミジア感染症は「クラミジア・トラコマチス」という細菌により引き起こされ、性行為の盛んな10~20代に特に多く発症しています。
また女性の感染者が多く、患者数は男性の2倍以上といわれています。
女性の場合には、感染を放置してしまうと「子宮外妊娠」や「不妊症」につながる危険性があり、見逃すことのできない性病です。

性器クラミジアの感染経路の多くは「膣性交」「オーラルセックス(フェラチオ)」によるものです。
クラミジア感染者の膣性交は1回でも50%ほどの確率で感染するといわれ、クラミジアはきわめて強い感染力をもっています。
一方でクラミジア自体は非常に弱い菌であり、体内以外では長時間生存することはできません。
そのため感染経路は性交などのように体液同士が接触する場合がほとんどで、一緒にお風呂に入ることや、感染者とタオルを共有で使うことでの感染はほとんどありません。

性器クラミジアは感染した場合でも無症状または症状が軽微で気づきにくく、感染を拡大させてしまう場合が多くあります。
男性の内の50%、女性の80%が無症状で感染するため、大抵の人は気づきません。
パートナー同士が無自覚なまま、お互いに性感染症をうつしあう「ピンポン感染」が起こりやすいのも、この無症状ゆえです。
無自覚なままの感染拡大を防ぐためにも「性行為では必ずコンドームを使用する」「良く知らない相手との性行為は避ける」「定期的な検査を受ける」などが大切です。

さらに女性自身が赤ちゃんへのクラミジアの感染経路になってしまう場合があります。
出産時、胎児はクラミジアが住みついた子宮頚管を通過することになるため、クラミジアの女性が出産した場合、約30~50%ほどの確率で子供にも感染するといわれています。

男女別:性器クラミジアの症状

男性が性器クラミジアに感染した場合、その約50%は無症状のままです。
感染後は約1~3週間ほどの潜伏期間を経て、まず「尿道炎」を発症します。
尿道炎の症状は「排尿時の痛み」「尿道にかゆみ」「尿道から膿が出る」などです。

この段階で適切な治療を行わない場合には、クラミジアはさらに身体の奥へと広がり、「精巣上体炎」「前立腺炎」を発症する可能性があります。
クラミジア尿道炎の発症者は、そのうち約5%が精巣上体炎を併発してしまいます。
精巣上体炎の症状は「陰嚢が腫れる・痛む」「発熱」などです。
さらに症状を放置したときには、可能性は低いものの「男性不妊」になる場合もあります。

女性が感染した場合、その約80%は無症状のままです。
感染後は1~3週間ほど潜伏し「子宮頚管炎」を発症します。
その症状は「下腹部に痛みや発熱」「排尿時・性交時に痛み」「おりものが増加」「不正出血」などです。
症状は「性交時にわずかな違和感を感じる」程度の場合も多く、この段階では見過ごされがちです。

適切な処理が行われない場合には、クラミジアは子宮の奥へと広がっていき、「卵管炎・卵巣炎」「骨盤内感染症」などを発症します。
その結果、卵管周囲の癒着や卵管閉塞が引き起こす場合があり、「子宮外妊娠」「流産・早産」「不妊」となる可能性があります。
女性はとくに無症状の割合が高いため、自覚がなくとも定期的な検診を受けることが大切です。

胎児がクラミジア感染した場合、出生後1週間前後では、目が充血したり目ヤニが増える「結膜炎」の症状が出ます。
さらに出生後1か月前後になると「肺炎」を発症する可能性があります。
肺炎を発症すると、咳が頻発し授乳が困難となるため、早急な治療が必要となります。

関連記事